« 秋から冬へを感じた雄橋 | トップページ | おもてなしのお宿! »

「当たり前」を考える

12/17(月)cloudのちsun

今年も残す所2週間ですか・・・

そろそろ振り返りながら、酒でも飲みたいものです

忘年会も佳境を迎えている方々も多いことでしょう、お互いに身体には気をつけましょう

20121212_101152

先日、お客様を幡多へお迎えしまして「四国最南端ツアー」と題して、

四万十川は「沈下橋」にアカメ館

20121212_130650

そして土佐清水市の「あしずり食堂」で食事をして目指すは四国最南端

写真はさてどこでしょう!?

そう、パワースポット「唐人駄馬」、その中の巨大石「千畳石」

ココで寝転がると

20121212_130742

何もかも忘れて、自然の力をものすごく感じます!!雄大な海の景色に、ざわめく山の力、皆さんもこの上まで行ってみてください

20121212_141404

その後は足摺岬展望台から絶景を眺め、金剛福寺で参拝をしました

ココでは仕事柄、少し「四国霊場巡拝」についてウンチクを述べさせていただき、

「なんか旅行会社の人みたい~~happy01」という、突っ込みをいただきました

な・なんと納経所で納め札の話しをしていると、納経所の方が

「錦のお札がそこにあるろ~、お接待しますよ」

と言う事で、ゲストの方に錦のお札をお接待

「こんな事、交通事故にあうようなもので、めったにありませんよ!」

と、一人興奮しておりましたが、とんでもないご縁をいただきました

ゲストのお二人からいただいた言葉が

「こんなに幡多がエイとことは知らんかった~heart03」(高知市内在住の女性)

「全国いろいろ行くけど、海あり・山あり・川あり、清水サバには驚いた~~coldsweats02」(北海道在住の男性)

お二人には大絶賛をしていただき、企画したものとして「ガッツポーズ」を心で何度もした事でした

20121212_203312_2

メインはセミナーだったのですが、すっかり気に入ってくれ「たの四万十Tシャツ」で、講演をしていただいた事でした

幡多はすごいとこながや~~

と、自分が気づいたのが大岐の浜を駐車場から眺めた時に

「何この素敵な海は~~!!??」

という私達にすれば何気ない景色なんですが、他県の方からするとトンでもない所のようだし、清水サバを食べると

「何このサバ!????こんな魚食べたことがない!!」

という、期待以上のリアクション

しかもコチラからすると「当たり前」の景色であり、「当たり前」の魚(清水サバは確かに美味いですよね)なんですよね

全国各地仕事で行きますが、この幡多地方は「当たり前」のレベルがとんでもなく高くとんでもなく恵まれていると言う事を再認識しました

さて、次回はどこへ連れて行こうか!

と、今から企画するのが楽しみです

が、少し自分達でハードルを揚げたような気がします

今宵も下のdownwardleft“チビくん”をポッチっとよろしくお願いしますgood

Photo_5高知ブログランキング頑張っちょりますscissors

|
|

« 秋から冬へを感じた雄橋 | トップページ | おもてなしのお宿! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098221/48358869

この記事へのトラックバック一覧です: 「当たり前」を考える:

« 秋から冬へを感じた雄橋 | トップページ | おもてなしのお宿! »