« 宮崎旅館と“地獄” | トップページ | やっぱり旅は・・・ »

残すもの=伝える

8/31(金)sun

八月が去っていきますdash

ものすごいスピードで去っていった夏

今年もいろんなドラマがありました

ロンドン五輪で「感動」と「ありがとう!」というドラマに出会い、

今年も高校球児の皆さんから、「一生懸命」という事を再認識させられました

が、人間は忘れてしまいます・・・

忘れる事=時間が過ぎていく=新しい事が入ってくる

という傾向もあるかと思いますが、忘れてはいけないもの

今年の夏、皆さまにもありましたか?

20120804_110444

この写真は雲仙温泉を出て向った先、バックの山は雲仙普賢岳です

20120804_112535

ココにも忘れてはいけない光景が保存されてます

「土石流被災家屋保存地区」です

20120804_112644

残す事で「あの時」を思い出してほしい、という考えもあれば

「残さないでほしい」という考えもあるでしょう

実際、この施設があることで観光バスが立ち寄るという現象、また視察に来る人達もいるというのが現実です

20120804_113057

残った人がこれらをどう捕らえているか

子供が言いました

「とうさん、どうしてお家がこんなになっちょうが!?」

知らない事を教えるのも親の役目

東日本大震災で被害にあわれたホテルの営業部長の言葉を思い出します

「私達、残った者が伝えていかなくてはいけない!だからお客様をお連れしてください!」

残すもの=伝える

ということに繋がっている・・・

そんな事をふと思った8月31日

私自身の39年目の夏が間もなく終わります

今宵も下のdownwardleft“チビくん”をポッチっとよろしくお願いしますgood

Photo_5高知ブログランキング頑張っちょりますscissors

|
|

« 宮崎旅館と“地獄” | トップページ | やっぱり旅は・・・ »

九州方面(旅行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098221/46904299

この記事へのトラックバック一覧です: 残すもの=伝える:

« 宮崎旅館と“地獄” | トップページ | やっぱり旅は・・・ »