« 下半期を振り返る | トップページ | 3ヶ日は野球三昧 »

龍の如く!

12/31(土)sun

いよいよ2011年も今日で終わり

皆さんにとってどんな1年でしたか?あっという間に過ぎ去った、特に夏から年末に掛けてがあっという間でした

今年、何と言っても私の人生感に変化をくれた、

12月の東北研修で訪れた宮城県南三陸町

P12104901

この風景を見た時に、『言葉が出ない』という感情を初めて体験しました

P1210491

自分に何ができるのか?自問自答の繰り返し

P1210497

一本松の“孤独”で“力強さ”を車窓で眺め

P12104991

この時ご一緒だった、85歳の大先輩が言いました

「戦後の風景と一緒や」

戦争を私は当然知りませんが、涙がとまりませんでした

この日は気仙沼にあるホテルに宿泊したのですが、高台にあるホテルも

「ここも2階まで浸かりました」と、でも今では多くのお客様が宿泊に来ておりました

ホテルの営業課長との会話で

「私達も今の生活があります。どうか今の気仙沼を見にお客様をお連れしてください。私達も語り部として、今後に役立ててほしい為、伝えたい事がたくさんあります」

他にも仲居さんの中にも

「私は寮に入ってますが、両親は仮設住宅にいます」

といったように半分以上の方が家を流されております



東北の日没は高知より30~40分ほど早く、4時頃から薄暗くなってきます

5時には周りは真っ暗です

その中でバスは気仙沼を通過したのですが、建物は無いのですが、建物の基礎だけは残っているという風景がバスの窓から、ぼんやりと見えます

P12104921

後で、高木ドライバーが言いました(「現地まで高知のバスで行かんと意味が無い」と言う事で、我が社のバスで行ってました)

「ボクはバスの明かりで見えたけど、見えんかってよかったかも・・・」

テレビで見る光景と、直に見る光景がこんなに生々しいとは、想像を絶する光景を忘れる事はありません




目にした場所で何が起こったのか、今どのように動いているのか!?

目にした時は「言葉が出ない」とはこの事か・・・、と時間の経過と共に感じ

現地の方々と話をして、東北の方々の“ねばり強さ”、“普段の生活のありがたみ”を痛感しました

「お客様をお連れください」

と、言ってくださった営業課長の言葉が、逆に私に勇気をくれたような気がします

2011年は今日で終わりますが、私も旅で培った「絆」を、来年も拡げていけるよう、

また深められるように、日々を懸命に“龍の如く”昇って行きたいものです

2012年も変わらずお付き合いの程、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

さて、今晩は嫁の実家で年の瀬の焼肉パーティーッスhappy01

今宵も下のdownwardleft“チビくん”をポッチっとよろしくgood

Photo_5高知ブログランキング頑張っちょりますscissors

|
|

« 下半期を振り返る | トップページ | 3ヶ日は野球三昧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098221/43574278

この記事へのトラックバック一覧です: 龍の如く!:

« 下半期を振り返る | トップページ | 3ヶ日は野球三昧 »