« ☆念願の墓参り | トップページ | ☆日本三大渓谷美・小豆島『寒霞渓』 »

☆貴重な体験をさせていただきました

11/21(土)sun

素晴らしい秋晴れでしたsun

京都もそんなに寒くなく、今回行っていたのはコチラ

P10702811 京都市にあります「糺の森(たたずのもり)」

そうです、世界文化遺産

P10702831 下賀茂神社ですhappy01

なぜ私がココに来ているかと言うと、四万十市では明日から『一條大祭』が11月22日~24日まで行われます。

高知3大祭りの一つです。

その大祭の3日間、神社ではこの下賀茂神社からいただいた火種を3日間焚く訳ですimpact

その火種をいただく儀式に、私も参加させていただきましたcoldsweats01

P10702851 

今年で27回目、そして記念植樹にも参加いたしました。

P10702921 もみじは12月に入ってからが見頃でしょうか、境内のいちょうが見頃でしたよeye

P10702961 まずは手を清めます。

ちょっと緊張しましたねcoldsweats02

P10703021 普通は入る事のできない、神社内ですcoldsweats01

神聖なる気持ちで儀式を見届けます。

P10703051 火お越しをしておりますimpact

昔ながらの火起こしで、木と木をこすり火種を作ってます。

時間にして3分くらいで火種がおきました。

P10703091 雰囲気のある神殿で、貴重な儀式に参加でき、感動となぜか満足感を感じることができましたhappy01

P10703141 その後、私達は糺の森へ向かい

世界遺産の地への記念植樹ですhappy01

P10703161

お祓いをしていただき、いよいよ除幕式です。

P10703181 一條神社の宮司さん(左)と、観光協会会長さん(右)で、世界遺産の地へ『一條神社』の名が刻まれましたhappy01

P10703291 記念すべき日に、ココにいれたことが私にとっては財産となりましたね。

P10703251 記念植樹の前で下賀茂神社の宮司さんはじめ、皆さんで記念写真ですcamera

P10703311 儀式も終わり安堵感漂う宮司さんと、お隣は(腕組みしてる方)昨晩懇親会で、リーガ・エスパニョーラの話で、私と大盛り上がりとなった「Tさん」です。

これからもよろしくお願いしますねcoldsweats01

P10703391 その後は、巫女さんからお神酒をいただき、お土産までいただきまいした。

お神酒をいただいてる方は、四万十市観光協会の「O専務」です。

今回のお誘い本当にありがとうございましたhappy01皆さんにもお喜びいただけたようで、成功に終わりホッとした事でしょう。

お疲れ様でしたhappy01

P10703461 最後に宮司さんが火種を受け取り(紫のふろしき)、世界遺産の地「下賀茂神社」を後にしましたbus

四万十市へ18:30に到着し、もう一條神社でメラメラと燃えていることでしょう。

私も明日は添乗ですが、23日には一條神社へ行ってみようと思いますrun

今回ご一緒させていただきました皆様、本当にお世話になりましたm(_ _)m

さて、明日は小豆島日帰りツアーですbus

“にいさん”と2台口にて約80名の方々とご一緒です。

今晩小豆島にて宿泊してます、“Mrs.幸子”が言ってたらしい・・・

『雨も一緒に連れてこんといてねsweat02

なんて事言うのcrying

にいさんsunが勝つか、私rainが勝つか

結果は神のみぞ知る・・・bleah

今宵も“しもにぃブログ”「せいなんワクワク新聞」ご愛読いただきありがとうございます。

ブログランキングへ登録しておりますhappy01

ただ今ランキング停滞中です。

是非是非、見頃の“もみじ”をワンクリックsoon人気ブログランキングへ願いますpaper

皆様の『oneクリック』励みになります!

こちらもポチリにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ 願いま〜す。

そして、我が母校中村高校野球部の応援ブログも見てやってくださいbaseball

『想いは一つ・・・我が母校野球部奮闘記』

|
|

« ☆念願の墓参り | トップページ | ☆日本三大渓谷美・小豆島『寒霞渓』 »

いろいろ特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098221/32300518

この記事へのトラックバック一覧です: ☆貴重な体験をさせていただきました:

« ☆念願の墓参り | トップページ | ☆日本三大渓谷美・小豆島『寒霞渓』 »