« ☆貴重な体験をさせていただきました | トップページ | ☆サプライズ演出! ~心に残る思い出を~ »

☆日本三大渓谷美・小豆島『寒霞渓』

11/23(月)sun

昨日とは打って変わっての秋晴れcoldsweats01

今日は休みなので、午後からチビ君と『一條さん』へ行ってみよっとrun

さて、昨日行ってました「ワクワクツアー小豆島」のご報告へとイッテみましょうpencil

天候は出発時は曇りcloud

『何とか寒霞渓まで降らんかったら・・・』

と、なぜか“にいさん”の目線が私に突き刺さりますeyeshine

P10703481 高松港から池田港までフェリーですship

小豆島は船でしか行くことはできませんcoldsweats01

3連休のど真ん中と言うこともあり、船内は

P10703561_3

ごった返しcoldsweats02

大型バスが6台程に自家用車が、乗り切らないほどです。

P10703521 今回の旅を安全に運転してくださった西南交通のドライバーさん達。お疲れ様でしたねhappy01

P10703621 池田港に上がった後は、まず向かったのは小豆島と言えばオリーブsign03

という事でお約束の『オリーブ園』ですpaper

ここでも

P10703641 人人人人・・・sweat02

まさにオリーブ園は戦場と化してますimpact

『お土産ゆっくり見えん~pout

と言うお声もありましたが、帰りのフェリーの時間もあります・・・

ココは皆様にもご了承いただくしかありませんでした・・・weep

いよいよメインイベントの寒霞渓へ向かいます。

向かう道中で

『かなり並ぶと思いますので、覚悟をお決め下さいねcoldsweats01

P10703691_2

とは伝えたものの、

コチラは幡多郡代表sign03優秀な1号車の皆さんですhappy01

ココまでは良かったのですが

いざ並んでみると

P10703711 徐々に県民性が出てきます・・・

高知県民は(特に幡多の方は)本当に並ぶのが、大嫌いですねcrying

P10703761

並ぶこと50分・・・

(私とすれば思ったより早く着いたな、と感じましたが)

念願のロープウェイに乗り込みますhappy01

しかし、こんなお声が・・・

『50分並んで、ロープウェイたったの5分sign02

しかし、登りだしたら

P10703771_2 すでにこの景色ですよmaple

徐々に皆様の目つきが変わってきますeye

P10703801 P10703821 P10703841 P10703991_2

まさに・・・

『渓谷の宝石箱や~crown(古ッsweat01P10703911

ロープウェイで山頂に上ると

『寒霞渓(かんかけい)』

呼んで字の如く

寒く霞む渓谷

そして、瀬戸内海の海が眼下には広がっておりましたhappy01

この後、私達が頂上を出発にしたと同時に雨が強くなり

『きれいな所見せてもろうて、ありがとうmaple

と、お声をかけていただき、そして無事に帰りのフェリーにも間に合いホッと胸を撫で下ろし事ですsweat02

80名、皆様のご協力心より感謝・感謝ですconfident

来年は、『小豆島1泊2日ツアーも作ってみようかなpencil

と、密かに今から企んでおります・・・

さっ、一條さん行ってこよっとrun

今宵も“しもにぃブログ”「せいなんワクワク新聞」ご愛読いただきありがとうございます。

ブログランキングへ登録しておりますhappy01

ただ今ランキング停滞中です。

是非是非、見頃の“もみじ”をワンクリックsoon人気ブログランキングへ願いますpaper

皆様の『oneクリック』励みになります!

こちらもポチリにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ 願いま〜す。

そして、我が母校中村高校野球部の応援ブログも見てやってくださいbaseball

『想いは一つ・・・我が母校野球部奮闘記』

|
|

« ☆貴重な体験をさせていただきました | トップページ | ☆サプライズ演出! ~心に残る思い出を~ »

せいなんワクワクツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098221/32319649

この記事へのトラックバック一覧です: ☆日本三大渓谷美・小豆島『寒霞渓』:

« ☆貴重な体験をさせていただきました | トップページ | ☆サプライズ演出! ~心に残る思い出を~ »