トップページ | 2008年10月 »

山陰は今日も・・・だった!?

朝です。雨です・・・。誰が悪いのか?仕方がなく朝の挨拶で「全て私が悪いのです」とお断りをしました。

おいしい朝食をごちそうになり、中女将のお見送りに手を振り白石家を後にするも、雨が強くなる。

いざ出雲大社へ!
山陰は今日も・・・だった!?出雲地方独特の「ついじまつ」の立つ家を見ながら(それにこっちの家には雨戸がない!)、日本最大級の木造建築「出雲ドーム」を横目に大鳥居をくぐり大社へ。

縁結びの神様ですheart04。(そのお願いをする方はまずうちのツアーにはいませんけどcoldsweats01)ニ礼四拍手一礼をし大社を後にし、皆さんはお土産屋へ。(この時ばかりは皆さんの目つきが変わるねeye

うちのお客様は買いっぷりか゛すごいです。ほとんどの方が両手持ち。なぜか私も鼻が高い。
その後は島根ワイナリーwineへ試飲とまたまたショッピング。

『バスの出発は〜時です』と伝えるとお客様から

『すくな〜い』とのお声・・・どんだけやる気ながですか?

10分余分に取りましたよ。

みなさんもワインの試飲は気をつけてくださいね。島根ワイナリーのはかなり飲みやすいですがアルコール度数は14〜16ありますから(よく男性のお客様は前の日の迎え酒をしています)

そして買いも買ったり『かなりバスが重くなった・・bussweat02』と運転手さん一言ポツリ。

最後は松江の宍道湖沿いで昼食をすませ、帰路を目指しました。
帰りも残念ながら大山は見れずでしたが、

『また来なさい、という事ですね』

と皆様と話慰め合ながら帰っ事です。

しかし、高知に入ればなんと青空が・・・sun


『終わり良ければ全て良し』!と締めくくり、皆様と笑顔でお別れをしました。
お客様の笑いあり、運転手の安全運転あり、ホテルの心くばりあり、感謝・感謝でいい仕事ができました。
最後にほんと着いた時雨じゃなくてよかった、と心から思いました。だってすごいお土産の荷物ですもん・・・crying

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

神話の地・出雲と玉造温泉

9月25日

小雨の中、参加20名にてワクワクツアー出発。う〜ん、最近雨の日が多いぞ(雨男なのか?)

しかし傘もさす事なく、とっとり花回廊へ。残念なのは大山が今日も明日も見えそうにないなぁ〜coldsweats02

そして、圧巻は「松江フォーゲルパーク」である。

神話の地・出雲と玉造温泉ここにくる喜びは(添乗員として)、扉から入った瞬間のお客様の反応。皆様驚きと、美しさで「わぁ〜sign03」「すごい!happy02」など感嘆符の連呼。添乗員としたら至福の喜びですわ。

花に酔いしれた後は、美人の湯、玉造温泉『ホテル白石家』にてお世話になりました。
こちらの宿は中女将、若女将が必ず気持ち良くお出迎え。

お客様も笑顔happy01でお部屋へ移動してくれます。
神話の地・出雲と玉造温泉そしてなんと言っても『白石家一座』による安来節のサービス。

中女将自ら楽しませてくれます。

その他お風呂、食事至るとこまで目配り、気配り、心配り、いつお伺いしても気持ち良くいいです。

白石家の皆さん本当に感謝です。

明日雨が降りませんように、と願がいながら寝るとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

豪華客船来たる

豪華客船来たる
9月16日朝8時に宿毛新港に豪華客船『パシフィックビーナス』が寄港しました。
前日は鹿児島に滞在し、(台風の影響でバケツをひっくり返したくらい雨が降ったらしい)夜遅く出発し宿毛へ到着。
到着後は下船し、オプショナルツアーに参加し幡多の地へ観光へ行かれました。下船した皆様の幡多の地への期待したお顔が印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オモロ~。でもしんどいやろ

長崎の新地中華街入り口にて、不思議な自転車に乗ってアピールしまくっていた、外国人です。

山口からこの自転車できたらしいdash観光客の一人がチャレンジして乗ってみたが、いやいやなかなか。ほんまに山口からきたが?って感じでした。
連れの自転車は木だけで作られてます。当然ブレーキなしcrying

ほんま山口から来た?って感じでみんな疑いの目やけど、興味津々eye

女の子だけには乗らせて、一緒に写真撮られてうれしそうやったけど、いかんせん汗臭かったdown女の子は笑いながら写真撮ってたけど・・・
しかし世界は広いな、というか暇な奴らもおるなー、と思いました。
ちなみにこの日は原爆記念日でしたcoldsweats01

不思議なというか、奇抜なというか、まあめったに見えない出会いをしました。これも仕事のおかげかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

これぞ高知の宴会

前日のブログでの宴会風景です。

仲居さんもまじって「南国と土佐を後にして」をトリで歌った風景です。

一人が手をつなげば、二人三人とすぐに輪になっていました。

心が通じ合うっていいですね。楽しいひと時でした。

仲居さんが参加してくれたのがまたお客様にとっても最高の思い出となります。

城西館のみなさん重ね重ねありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和気あいあい

ある地区の老人会の方々と研修旅行に行きました。

9月に入りましたが、日中は暑いまさに残暑な日でsweat02、雨がさが日傘に変わっていました。

おまけにバス車内はアイドリング禁止の為、出発5分前でないとエンジンはかけれず、お客様にはご迷惑をおかけしましたがエコの時代と話しましたら、皆さんご理解をいただき納得の様子でしたhappy01
大月の皆さんでしたが、今回の旅のテーマは「高知を知ろう」と題し高知市中部と東部にて観光し、再来年の大河ドラマ「龍馬伝」を先取り?し、バスの中でも岩崎弥太郎や武市半平太などの話で盛り上がりました。

ちなみにまだ行かれた事のない方は高知市上町にある「龍馬の生まれた町記念館」に行って見てはどうでしょうか。

名前の通り「龍馬が過ごした町」というテーマで少し違う角度から龍馬を見る事ができますよ。

ガイドさんもいますし、龍馬伝が始まるまでに一度お出かけくださいpaper

城西館にて宿泊はお世話になり中居さんも「そちらもお魚がおいしいとこで、お口にあうか心配ですが・・」とおしゃってましたが、地元で食べる「皿鉢料理」に皆さん満足でした。

城西館の皆さんお世話になりました。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

出会いに感謝を

いよいよブログデビュー記念日がやってきました・・・scissors

高知県四万十市にて「高知西南交通㈱」にて添乗員をしています。

その関係もあり、幡多郡のみなさまたくさんの方々と色々な地域へ行き、楽しく仕事をさせてもらっています。

お客様はもちろん、ホテルの方、ドライブインや現地観光ガイドさんなどのご協力あって、旅が成立していきます。

そういった皆様との出会いを中心にブログを更新していければ、と思っています。また、旅先での面白い事やおいしい食べ物(味覚の秋が近いですしねdelicious)見所などもお知らせできればなと、考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2008年10月 »